リトリートを仕事や職場で導入する効果とプランニングのポイントは?

リラックス

リトリートとは、近年知られるようになってきたストレスコントロール方法です。なにかとストレスの溜まりやすい現代社会で働くビジネスマンにとって、ストレスコントロールは重要なビジネススキルの一つになりつつあります。

そこで、リトリートを仕事や職場に導入する効果と、プランニングのポイントについてご紹介します。リトリートで脳を活性化したい人は、ぜひチェックしてみてください。

仕事、職場でリトリートを取り入れるメリットは?

リトリートの意味は「隠居、避難(避難所)、隠れ家」などで、近年では転じて日常生活を一時的に離れ、自分自身とじっくり向き合うための時間をとること、またそのためにどこかに行くことを指します。これは重要なストレス解消法の一つであり、ストレスコントロール法としてよく知られる「3つのR」に加え、「4つのR」として知られるようになってきました。

Rest(レスト):休息
肉体の疲労を回復させ、身体のエネルギーを取り戻すこと
睡眠、短時間のくつろぎ、マッサージなど
Relaxation(リラクゼーション):心身の緊張をほぐす
副交感神経の働きを優位にして心身の緊張をほぐし、全身を弛緩させる
呼吸法、音楽療法、アロマテラピーなど
Recreation(レクリエーション):娯楽、遊び
気分転換のために遊び、運動、娯楽などで楽しい時間を過ごすこと
ジョギング、サイクリング、音楽演奏、趣味のイベント参加など
Retreat(リトリート):日常生活から一時的に離れる
日常生活を送っている場所から物理的・精神的に距離を置く
自分だけの時間を過ごし、自分自身を見つめ直す

リトリートの方法や場所に明確な定義はありませんので、リトリートはさまざまな方法で行われます。例えば、旅先でサイクリングを行うことは「リトリート・レクリエーション」になりえますが、いつもの友人と一緒に行い、日常生活が続くのではリトリートになりません。逆に、一人で行ったリトリート先でマッサージを受けて新しい刺激を受ければ「リトリート・リラクゼーション(レスト)」になります。

このように、現在のリトリートでは意識的に日常生活と自分を切り離すとともに、森林浴・ヨガ・瞑想・山歩きなど、他のRと組み合わせて何らかの効果を得ることが目的とされています。そこで、リトリートに仕事を組み合わせ、いつもの仕事環境から離れることで五感や脳を活性化する仕事コントロール法が生まれました。

仕事にリトリートを取り入れることで、以下のような感覚が得られます。

  • リトリート環境で、自然に囲まれること自体が気持ちいい
  • 日頃、情報が多すぎて疲れきっている脳が遊び始め、解放される感覚が心地良い
  • 頭がシャープな状態で仕事を行うと、アウトプットの質が上がるのを実感できる
  • 仕事で疲れにくく、もっと仕事をしたくなり、終わった後の疲労感を感じにくくなる

リトリートの非日常感によって、脳の可能性が引き出されます。すると、弛緩でも緊張でもない「平常」の状態に至ることができ、人の持つ能力や可能性が最も発揮しやすくなると考えられます。他にも、仕事とリトリートを組み合わせることで、以下のような効果が得られるとされています。

  • 人間の基本的な状態に立ち返り、さらにその基礎となる身体と脳を整えられる
  • 日常生活で情報過多になっている状態の脳をクリーンにし、思考や感情に余裕が生まれる
  • リラックスやスピリチュアルとはまた異なる、シャープな思考を体験できる
  • 仕事を面白くし、成果をアップするためにアウトプットの質を向上させるきっかけが見つかる

リトリートを取り入れた方がいいのはどんな人?

以下のような人は、仕事にリトリートを取り入れるのがおすすめです。

常に緊張している
いつも緊張状態を保ったままアウトプットを繰り返すので、仕事が終わるとどっと疲れてしまう
あまり思考が定まっていない
ふわふわとした弛緩状態で仕事をしていて、自分の力が最大限に発揮できずどうしたら良いのか迷っている
違和感を感じながら仕事をしている
違和感の正体を突き止めるための時間がとれていない、働き方に迷いを感じている

つまり、総じていつもの環境下ではなかなか自分の力を最大限に発揮できていないという人です。本来持っているスキルや可能性を最大限に仕事に反映させられないと、そのこと自体にストレスを感じてしまいます。特に、日本で働く社会人は「閉塞感」や「多忙さ」に集約される以下のようなストレスを抱えやすいとされています。

閉塞感
抑圧感:視野が狭くなっている、逃げ場を見つけられない
他者との連携不全:人間関係がうまくいかない、言いたいことが言えない
メンタルの不調:心がざわつく、人生に不足感を覚える
多忙さ
業務過多:心身の不調に悩む、プレイングマネージャー状態から抜け出せない
情報過多:不要な情報を処理しきれていない、SNSやメールにとらわれてしまう
自分の時間がない:自分と向き合う時間がない、未来のことが考えられない

このような状態から抜け出すためには、「一時的に仕事をする環境を変える」「一時的に情報過多の状態から離れる」という2つのポイントが効果的です。これを両方同時に叶えられるのがリトリート、というわけです。仕事は、自分が思っている以上に人生の中で大きな比重を占めていますが、そこで息苦しさを感じたときの効果的なセルフメンテナンス法がリトリート、とも言えます。

自分の状態があまり良くないと感じたとき、集中して成果を上げたいとき、迷いと向き合って自分なりの答えがほしいと思ったとき、リトリート環境で行う仕事は気軽に柔軟に人生の中に取り入れられます。プログラムで行うものは半日〜数日間ですが、多くの人が驚くほどの効果を実感できます。

リトリート環境で仕事を行うとき、閉塞感とは真逆の開放感に溢れた環境に身を置き、デジタルデトックスによって情報を遮断します。日頃、いかにストレスの多い環境で仕事をしているのか実感し、さらに自分の能力を気持ちよくアウトプットすることで、心身に蓄積された不要な情報やデータを削除していきます。

仕事や職場にリトリートを取り入れる具体例は?

仕事や職場にリトリートを取り入れるためにはさまざまな方法がありますが、効果を実感するためには「ふさわしい環境を探し」「デジタルデトックスを行い」「成果を出すプログラムを実施」しなくてはなりません。仕事や職場にリトリートを取り入れるためには、単に「遠い場所、変わった場所に行けば良い」というものではないのが難しいところです。

リトリートは、非日常の環境に身を置くことで自分の脳内に変化を起こす方法です。しかし、情報化社会に慣れた私たちは、非日常的な環境の中で五感に身をゆだねることがなかなか難しいのです。単に自然のある環境に行けば良いわけではなく、一般的な日本のリゾート地では快適に仕事ができません。そもそも、デジタルデトックスができなければ過剰な情報やストレスから脳を開放することができないのです。

そこで、具体的にリトリートを行う方法を一人の場合とチームの場合に分けてご紹介します。

【一人で行う場合】

一人でリトリートに慣れる
貸切の古民家にこもり、静寂の中で徹底的に五感を研ぎ澄ませる
不要な情報を排除して集中力をアップし、仕事でパソコンに向かう時間と読書の時間を交互に確保する
デジタルデトックスのための散策・入浴・瞑想などを組み合わせるとより効果的
じっくり考える時間がほしい経営者、邪魔されず自分の仕事だけに向き合いたい管理職など、日頃多忙すぎると感じている人におすすめ
徹底的に仕事と向き合う
徹底的に外部の刺激を遮断し、アウトプットに集中する時間を確保する
初めて行く場所で、波の音など自然音に囲まれて一種のトランス状態に自分を導く
SNSやメール受信などは可能な限り中止し、自分の能力だけを最大化するよう特化
1日では効果が出にくいため、数日間かけて行うのがおすすめ
デザイナー、エンジニア、ライターはもちろん、企画書や資料を一気に仕上げたいビジネスマンにも

【チームで行う場合】

風通しの良い組織を作る、チームリトリート
日頃、一緒に働いているチームで行くものの、まず個人の時間とデジタルデトックスを確保して一気に非日常の環境へ
心身が非日常な環境に移行したら、集中したミーティングタイムを設ける
意見交換がスムーズになり、アイデアを生み出しやすい環境を作れる
少人数組織におけるチームビルディングにおすすめ
プロ講師を招いて行う、星空瞑想
宿泊を伴うリトリートでは、夜の時間を有効利用できればより効果的
夜から早朝にかけての脳の使い方をいつもと違う状態に導き、ストレス状態から回復するための心身メンテナンスを行う
プロ講師による季節に合わせたプログラムで、効果を最大化する
チームの一体感や感覚共有がしやすくなるため、複数人で行う宿泊ありのリトリートにはおすすめ

このように、一人で行うリトリートは経営者や管理職のほか、デザイナーやエンジニアなど集中した環境で仕事をしたい人に向いています。チームで行うリトリートの場合、活発な意見交換を行ったり、チームの一体感を得たりすることが主目的になるでしょう。

リトリートの計画はどうやって立てればいい?

リトリートの計画を立てるときには、さまざまなポイントがあります。ここでは、「誰と、どんな仕事をするために、何を持っていくか」「どこに何日間行くのか、食事はどうするのか」「どのような施設に行くことで、どのようなメリットが感じられるか」といった3つのポイントに焦点を絞って詳しく計画の立て方を見ていきましょう。

リトリートの計画①:誰と、どんな仕事をするために、何を持っていくか

リトリートを仕事に取り入れる場合、一人で行くのか複数人で行くのかは重要なポイントです。それぞれ、以下のようなメリット・デメリットがあります。

一人で行く場合
自分のためだけに時間を使えるため、最も効果を感じやすい
目的に沿って、柔軟なプログラムを組める
効果を実感して帰るには、自律の精神が必要
チームなど複数人で行く場合
メンバーの悩みに合ったプログラムを組むことで、効果が実感できる
同じ属性のメンバーで行くと、短時間で感覚の共有ができる
遠足や旅行のように、喋ったりそれぞれの集中時間を妨げたりしてしまうことも

大人数では統制が取れなくなってしまいますし、目的意識がバラバラな場合は単なる旅行と変わらない状態になってしまいます。そのため、複数人で行く場合はチームや同じ属性(経営者仲間など)のように、目的意識を同じにする人と行くようにしましょう。

人数を決めたら、具体的に行う仕事内容を決めましょう。何をして、何を持ち帰るのか、それを明確にしておかないと実りのないただの旅行になってしまいかねません。例えば、「やりたいのにまとまった時間がとれていない仕事」「期限があるわけではないが、腰を据えて取り組むことでのちのち役に立つ仕事」「ストレスフリーに終わらせたい、嫌いな作業」などがおすすめです。

内容を決めるときは、おおまかに作業系と思索系に分けて考えるとスムーズです。

作業系
溜まりまくっている細かい雑用(請求書作成、データ入力など)に集中する
徹底的に集中して文章を書く、デザインを作る、プログラミングをする
企画書や資料を、腰を据えて作成する
思索系
経営課題を洗い出す、これからの仕事の進め方を整理する、人生について考える
アイデアの種を探す、本を読む、インプットの時間を十分にとる

例えば、ストレスの溜まりやすいルーティンワークだからこそ、リトリート先で一気にやっつけてしまうという考え方もあります。作業系は特に非常にはかどりますが、人によっては「もっとクリエイティブなことをやればよかった」という感想を持つこともあります。ぜひ一度リトリートを行ってみて、自分に合った仕事内容に決めると良いでしょう。

行う仕事の内容を決めたら、仕事をするために必要なものを忘れないよう準備をしましょう。パソコン・充電器・ポケットWi-Fiなど作業環境に必要なもの、自然の中で行う場合は虫除けや防寒着、宿泊先にない場合は各種アメニティなどが必要です。デジタルデトックスのため、トラベルウォッチを持っておくとスマホなどを見ずに済むでしょう。ICレコーダー・万歩計・カメラなども、スマホと別に持っていくとデジタルデトックスしても不便を感じにくいです。

リトリートの計画②:どこに何日間行くのか、食事はどうするのか

リトリートは単に遠いところや観光地、自然の中などに行くことが目的ではありません。そこで、具体的に以下のような場所をリトリート先に選ぶと、仕事の成果を上げやすいです。

  • いつも仕事をしている環境と、真逆の環境である
  • ある程度の距離があり、毎日の通勤時間よりも長く移動する
  • SNSやメールを含め、日頃の人間関係から離れられる

リトリートを仕事に取り入れる場合、アウトプットの成果を上げることが第一の目的であることを忘れないようにしましょう。例えば、窓のないビルの一室で1日中パソコンに向かっているという人なら、いつもと逆方向の電車に乗って数時間移動し、海の見える宿で誰にも邪魔されず仕事を行えばはかどるでしょう。一方、田舎町の社屋で仕事をしている人なら、都心部のビルの高層階にあるお洒落なワーキングスペースで、ビル群を見下ろしながら仕事を行うことがリトリートになりえます。

とはいえ、一般的に海辺の施設・山の宿坊・里山の古民家など、自然が見える環境で仕事を行うことは、人のパフォーマンスをぐっとアップさせます。特別なことをしなくても、窓の外から聞こえる波音、虫の音、雨音などが心身を自然にチューニングし、安心かつ集中できる状態を作り出してくれるからです。

ナチュラルで開放的な空間は、凝り固まった思考をほぐし、柔軟なアイデアを生み出すのにも役立ちます。そういった意味で、自然のある場所は基本的にリトリートで仕事を行うのに適していると考えられます。

リトリートで仕事を行うのは何日でも構いませんが、慣れていない人は脳内の不要物を処理するまでに多少の時間がかかります。そのため、数時間〜半日程度では心身がようやくリトリートの状態に入り始めたところで帰ってこなくてはならず、リトリートの効果を感じにくいです。最低限、連続した12時間を確保して行いましょう。

仕事なら8時間なのではないかと思う人もいるでしょうが、12時間には瞑想・散歩・昼寝・読書などの休息時間も含まれます。決められた勤務時間や休憩時間ではなく、自分で考えて自由に思考を開放することが必要なのです。しっかり時間を確保するためにも、最初は2泊3日で行うのがおすすめです。

パフォーマンスアップにも、脳の活性化にも美味しい食事は欠かせません。リトリートではなるべく五感を使っていきたいので、旬の食材や精進料理などを食べられる機会があれば、味わいながら食べましょう。逆に、ファストフードやコンビニご飯などのジャンクフードは避けておきましょう。

宿泊の場合、泊まる先で食事の提供があれば手間がかからないのですが、時間が決まっていることが多く、集中する時間を分断されてしまいがちです。数名で行くときは食事時間に話が弾んでしまったり、わいわいと賑やかでレクリエーション的な雰囲気に引きずられてしまったりする可能性もありますので、十分に注意が必要です。

そうしたマイナスの可能性を取り除くためには、Airbnbなどでキッチン付きの宿をとり、好きなタイミングで好きなように食事をするというのも一つの方法です。ただし、その場合は食材を買っていき、現地で調理するという手間がかかるデメリットが生じる可能性も忘れないようにしましょう。

リトリートの計画③:どんな施設に行くことで、どのようなメリットが感じられるか

どんな施設に行くかは、リトリートを仕事に取り入れる際に一番成果を左右する要素と言えます。自然に満ちた理想的な場所だったとしても、仕事に向いていない施設では成果を上げられません。「誰にも邪魔されず静かで、自分の時間をコントロールできる」「Wi-Fiや、仕事に集中できるワークスペースが確保できる」という2つの条件を満たす施設を選びましょう。

例えば、日帰りの場合は以下のような施設がおすすめです。

  • 田舎にある研修施設、コミュニティセンターの貸会議室など
  • 自然が見えるコワーキングスペースなど
  • 貸切できるレストランやカフェ、山の宿坊など

宿泊の場合は、前項でもお話したように一般的な宿泊施設では食事の時間やチェックイン・チェックアウトの時間が決まっていますので、深く集中するためのまとまった時間が取りにくい傾向にあります。そのため、あらかじめリトリート用に設定された宿泊プログラムなどを利用するか、Airbnbなどで貸切の古民家などを見つけ、自由に時間を使えるようにするのが良いでしょう。

リトリートで一般的に利用される宿泊施設のメリット・デメリットをまとめると、以下のようになります。

候補メリットデメリット
ビジネスホテルWi-Fiが使える、快適な環境がある、時間を自由に使える、コンビニやプリンタに困らない自宅とほとんど変わらず脳の活性化に至らない可能性が高い、寝てしまうかも
旅館風光明媚、温泉がある、リラックス効果が高い連泊すると旅費がかさむ、料理やお風呂の時間が決まっていて縛られてしまう、デスクがない、レクリエーション気分になりやすい
山の宿坊脳に対する効果は高いと言えそう、修行もできる、リーズナブルWi-Fiが使えるとは限らない、下山できない限り不便、急の予約ができない、一人では泊まれないことも多い
田舎のセミナーハウスなどリーズナブル、Wi-Fiやプリンターなど仕事環境が整っている一人では泊まれないことや、冬季は休業していることも多い
国民宿舎、かんぽの宿自然の中で泊まれる、温泉がある連泊は経費がかさむ、仕事に向いているとは限らない
ゲストハウスリーズナブル、Wi-Fiがつながる人との交流は必要ないが、家主などとコミュニケーションの必要が生じる可能性も

ベストなのは「知り合いや馴染みの宿があり、貸し切らせてくれる」「使っていない会社の施設がある」などの場合です。また、施設を決めるときは以下のようなポイントにも注意しましょう。

気温
極端に暑い、寒いという環境は集中が途切れてしまうので、最優先する
自然環境であり排除しきれない要素でもあるが、集中を疎外しすぎない程度に
デスク
旅館などリラックスを重視した施設では、デスクがないことも
長時間パソコンに向かう仕事の場合は、特にデスクと椅子を重視する

リトリートで仕事を行うときは、どれだけ快感を感じられるか、アウトプットの質が上がるかを重視しましょう。例えば、以下のようなメリットが生まれるリトリートが理想です。

  • 同じ時間、同じ内容の仕事をしていてもオフィスで行うよりも疲れない
  • 集中力が上がり、単純作業にリズムが生まれ、ミスが減り、作業が楽しく感じる
  • 時間に管理されるのではなく、与えられた時間を自分で管理しているという感覚が生まれる
  • 時間が終わったときには、まだやってもいいという感覚が生まれるが、予定の範囲は終わっていて、急かされない

リトリートで仕事を行うとき、最も気持ち良さを感じるポイントは「脳を思いっきり遊ばせ、活性化させる」ということです。この快感は、バカンスや現実逃避で得られる開放的な快感とはまた異なります。仕事そのものから快感を得られるという、非常にポジティブなものであるところが大きなポイントなのです。

おわりに:リトリートを仕事に取り入れ、脳を活性化して成果アップ

リトリートはストレスコントロールの方法として知られていますが、非日常に身を移すことで脳の可能性を引き出し、仕事でもアウトプットの質を高められることがわかってきました。普段、閉塞感や多忙さなどのストレスを抱えながら仕事をする人におすすめです。

仕事でリトリートに行く場合、目的意識をしっかり持ち、施設や食事などの環境を整えることが重要です。行ってから集中を途切れさせないよう、万全な対策を行いましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました